ダイビングの男性800メートルリレーが都内オリンピック以上52時振りの銅メダルを獲得しました。
今回のオリンピックが競技暮らしの終焉と公言している松田丈志アスリートは自身部門の出演は叶わず、こういうリレーだけの出演でした。
アテネオリンピックがずっと応援していらっしゃるだけにメダルを獲ってほしいと思っていましたが、現実的には苦しいのではないかとも思っていたのです。
近年、日本の競泳が著しくなったっていえども、自由スタイルは環境との差があります。
国中は予選5位で決勝へ膨張しましたが、苦しいのではないか、けれども松田を手ぶらで帰らせるわけにはいかないという興奮の加わるグループにも期待していました。
対戦は現況では見極める事ができませんでしたが、銅メダルを獲得したとWEB報告で知りました。
果たして良かった、よくやったと思います。

プレーヤーには実力があるのに何だか五輪のメダルに手が届かない人物がいる。
逆4通年環境選手権などで実績を出せなくても、五輪でメダルを手にする人物もいる。
松田はどちらかというと、五輪でメダルを獲れる集団だ。
本日も、キャパシティー的にはメダルに届かなくても、松田の持つ運勢がメダルを獲達せるのではないかと思っていました。
松田は五輪の女神に好かれて掛かる集団だ。
本日もきっと、五輪が最後に繋がる松田に女神がメダルをキャンペーンしたのだ。
シズカニューヨークの化粧品